2011/3/4(Fri) 02:40

Wineで夏少女(雑記)

テーマ: 雑記 Puppy 


Puppy Linux 4.31(日本語版)に Wine をインストールして、夏少女を動かしてみた図。
快適です。


恋神も試してますが、起動はちと無理げですね。
アドベンチャーなのに、Direct3D を使いまくってるみたいです。
あと、マイクロソフトの認証が必要なC++のランタイムが使われているのが、地味に厳しい。
まあ、あんまり関係ない話ですが。



最近、開発環境を色々検討中です。
Linux は長いこと使ってなかったのですが、主に InkScape と Gimp が目当てで、考え直している所。
これらは、元々軽いソフトなのに、Windows版は恐ろしく重いです。
起動時間は、Windows XPで約25秒。Puppy Linux だと 0.5秒くらいで、数十倍以上?
他にも、何気に作業効率の良いソフトが揃ってます。


Linux にも色々ありますが、中でもPuppy は、
 ・総容量 100MByte程度で、テキパキ動く
 ・カスタマイズした OS を1つのハードディスクに何個でも保存できる。(Frugalインストール)
 ・インストールされているソフトがよくまとまっている
あたりが良いです。
やはり、小さいのが良い。


あと、これは直にインストールしてますが、色々試した結果、
VirtualBox を使って、Puppy4.31 を Windows上にインストールするのが一番快適みたいです。
うちのマザーボードが、Vanderpool Technology をサポートしているってのもあると思いますが、
仮想化しても処理速度が落ちず、たくさんの OS を並列起動できてる感じです。


何か、全然脈絡無い話ですが。




記事URL  コメント(0)  ペタ   
コメント

お名前  非公開
コメント
email URL
   

記事: 388/467
記事: 388/467